ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

入手困難!エコバック⇒アニヤハインド マーチ極秘情報

スシ王子! 第2話

ドラマ スシ王子! 第2話 

 “自然流琉球唐手”の真髄を学ぶべく、奥平海月(山下真司)のもとで寿司の修行に励むことになった米寿司(堂本光一)は、海月と河太郎(中丸雄一)が待つ「ティダ寿司」へ。店内では、地元の有志が一堂に会して「すしアイランド計画」反対集会の真っ最中。ところが海月以外のメンバーは、強引かつ卑劣な方法で計画を推し進めようとする大勢力を前に、弱気になり始めていた。そんな中、計画の一環であるイベント「SUSHIフェスティバル」の開催日が目前に! 完全に戦闘モードに入った源ウミ(加藤夏希)は、準備中のイベント会場で潜入捜査をすることを決意。司はウミと共にイベントのマスコットキャラ・コハダくんとマダイちゃんの着ぐるみをまとい、会場へ紛れ込んだ。が、“ウオノメ症候群”の司はうっかりマグロのマッキーの着ぐるみと目が合い、計画推進派を相手に大暴れしてしまう…。

 そのころ、朝比奈庄月(篠井英介)は「SUSHIフェスティバル」で土地の権利を賭けた寿司対決を企画。東京からやって来た凄腕寿司職人・鮫島竜太(袴田吉彦)と海月を戦わせようとする。ところが海月は、鮫島との対戦相手に司を指名。海月の狙いは、司が“自然流気泡握指南書”を受け取るにふさわしい人間か見極めることだった。その夜、司はウミと河太郎に協力してもらい、“ウオノメ症候群”を克服するための特訓を始めた。さらに、海月に指示のもと、司は猛特訓の末、それができる寿司職人は一億人に一人といわれる、焼けた砂を素早く握る技までも習得する!
 やがて、ドイツ首相と朝比奈を審査員に迎えての寿司対決の日がやってきた。第1回戦は早握り対決。超高速で寿司を握る“電光石火稲妻握り”で有名な鮫島が2.4秒で2貫握ったのに対し、司は2.5秒で4貫握って勝利を掴む! が、続く創作寿司対決で、司は海苔を二重に巻いただけのカッパ巻きを出し、彩りも飾り付けも鮮やかな鮫島の創作寿司にあっさり敗北…。

 一勝一敗で緊迫する中、勝負は最終戦“おまかせ3貫対決”へ。鮫島は余裕で、首相の大好物・ウニを多用した寿司を握る。しかし、辛そうに足首を触ったかと思えば薬を飲み、大好物であるはずのウニにもためらいの表情を見せる首相。その様子にピンときた司は会場を飛び出して海へ。採りたての海ブドウと島らっきょを使った軍艦巻きを握る。実は首相、鮫島の店でウニを食べ続けたため、痛風を患っていたのだ! 武留守リリー(平良とみ)と父・船造(永澤俊矢)の教え通り、相手の欲するものと分量を見抜き、勝利を手にする司。さらに、この勝負自体を無効にしようと、襲い掛かってきた推進派をウオノメ症候群で覚醒した司がなぎ倒し、完全勝利を収めた。しかしそれも束の間、司は朝比奈から、自分が「銀座 一柳」と戦う宿命であること、母・サヨリが「銀座 一柳」の奥座敷で今も生きているという驚愕の事実を知らされる。
 その翌日。海月から「因縁を知りたければ、ケシェンヌマ(気仙沼)へ向かえ」という言葉と共に“自然流気泡握指南書”を託された司は単身、気仙沼へと旅立つのだった。

posted by 司 at 03:52 | スシ王子! 第2話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。